本文へスキップ

日本農林資源開発株式会社は農業・林業の資源活性化を専門とする会社です

〒111-0042 東京都台東区寿4丁目16番9号

会社方針CONCEPT

会社方針

「独創的なアイデアは時節を問わず開花する」を心に、独創的な発想を持って先端技術を融合して農業林業の資源活性化に当たり
その地域・生活を豊かにすると共に、脱炭素社会に対応する世界の国々でも貢献できる装置やシステムを開発して参ります。


CEOメッセージ

CEO

脱炭素、グローバルネット、食糧資源の最適化など地球規模で変動が起きています。
世界に先駆け少子高齢化社会に突入していく私たちは、何をすべきなのでしょう。
快適な社会の持続は、”自然の恵みの持続と電気エネルギーの安定化””と考えています。

弊社は、システム開発、地域振興企画・運営、再生可能エネルギー導入支援等、国や行政の施策と連携した様々な事業案件に関わってきた幅広い経験をもとに、独自のアイデアと知見を持って先端技術の開発導入を通じて資源の利活用を進め脱炭素社会に向かう地域の活性化に貢献して参りたいと考えています。

代表取締役  中村  一 Nakamura Hajime (Jimmy)


COP26 SDGs/ESG投資プロジェクトを基軸に、農林水産業の資源を活かす製品やサービスを開発・提供に国内外他業種とのEcoSystemで機動性を高めつつDXイノベーションを通じて経済性を達成します。

結果、気候変動に起因する自然災害に対するレジリエンスを強化して人々の安心安全を倍加しつつ、河川及び海洋の生態系に関する悪影響を回避すると共に国の7割を占める森林の持続可能な営みを促進します。

「そんな心意気で会社してます」


Blog はここからJimmy Nakamura BLOG
CEOジミー先生の60歳からでもできる電子工作倶楽部 ov60club
MENSA (High IQ society) International Members

            SDGs/ESG投資プロジェクトに注力し脱炭素で地域活性化
17の目標の中から、7番クリーンエネルギー、9番技術革新の基盤、13番気候変動に具体的対策、14番海の豊かさを守る、に注力します。


会社沿革

  
2015年 11月
日本農林資源開発株式会社設立

バナースペース

日本農林資源開発株式会社


mail : info@jafrd.com